c0115804_14332697.jpg
オーストラリアにあるエアーズロックに行きました!
東京の7倍はある国立公園の中にある一枚岩に登ってきました。
お父さんとお母さんは登ったことがあると聞いていたので、
まぁ大丈夫なんじゃないかと思っていたけれど、想像をはるかに越えてきつかったです。
鎖がついているところもあるけど、45%の傾斜もあるので、大変でした!


c0115804_14383676.jpg
でも、なんとか無事に登頂できました。


c0115804_14451786.jpg
それから、海。
グリーン島でシーウォーカーとシュノーケルを楽しんできました。
真夏の日差しで、背中だけ焼けてしまいました。


c0115804_1446485.jpg
オーストラリアでは肉肉しい食事だったので、よほど和食が恋しいのか、
成田に着いて、まっ先にサバ寿司をパクついていました(笑)



またお正月にお会いした時ににでも、他の写真お見せしますね。。
知子でした~♪
[PR]
# by ysato0462 | 2007-12-23 15:06 | おしらせ
c0115804_6241999.jpg信州、諏訪南icから降りて姫木平スキー場のロッジへ、来年の猛暑に備え避暑地を探しに愛犬”らぶ”を連れて下見に行きました。ホテルではなくペンション「もくりん」です。



狭い部屋に三人(?)で川の字になって寝たのです。


c0115804_6273692.jpg











寒波の襲来で、雪が降りました。
c0115804_6355820.jpg

c0115804_632464.jpg













”愛染かつら”の木がありました。
♪花も嵐も踏み越えて、行くが男の生きる道~♪  この唄知ってる?
c0115804_639926.jpg

c0115804_6414749.jpg


十分に寒くて(朝方は-6℃でした)、愛犬かつらじゃなく愛染らぶじゃなく愛犬らぶと過ごす来年の避暑地候補になりました。

ーEND-

おまけー二人(?)の正面写真

c0115804_6484225.jpg

[PR]
# by ysato0462 | 2007-11-25 06:23
c0115804_7134866.jpg
2007.09.18 三島ゴルフ倶楽部にて、初のファミリーラウンドでした。出発早々、大渋滞に巻き込まれちょっと遅刻したものの、天気良し!気分良し!!で、最高に楽しい1日でした(^^)

c0115804_72751.jpg
今回の優勝者第一王子。メンバーに恵まれての優勝らしい?です(^^)
スコアーの方は、諸事情により割愛させていただきますm(__)m

第2回の開催を楽しみにしていまーす♪
[PR]
# by ysato0462 | 2007-09-19 07:12 | イベント
c0115804_10232544.jpg
ちゃんと品種名があります
”Heavenly Blue(天国の青)"といいます。
去年スイス旅行に行ったときツアー仲間の人とガーデニングの雑談をしていて知りました。
大輪ではありませんが、名前のとおりきれいなブルーでしょう?
「サカタのタネ」から種を取り寄せて咲かせました。
13粒350円也。地植えはダメで苗床から移植・鉢植えしたものだけが花を咲かせました。
[PR]
# by ysato0462 | 2007-08-24 10:22
c0115804_11102189.jpg
オリジナル(米国男声グループ”The Drifters”)は、曲の感じも歌詞も越路吹雪版とは大いに趣が異なります。曲はシャンソンではなくロックンロール(かな)。
詞は控えめな恋する女ではなく、”好きに踊っておいで”と言いつつも幾度も”ラストダンスは僕とだよ”と、念を押すけなげな、やさ男の心情を歌っています。

『ピアノ弾語り 原曲・ラストダンスは私に』ユーザー名:中央林間のゆきお
コピー曲 ( SAVE THE LAST DANCE FOR ME / The Drifters )


・・・結構、反響もありました(みんな知り合いですが)中央林間のゆきおの日記

先日、還暦記念でプレーヤーズ王国にコミュニティを作りました。その名も”プレ王還暦楽団”です。今3人ですが、楽しくやってますよ。

*次曲予告: ”千の風になって” 10月発表予定
[PR]
# by ysato0462 | 2007-08-22 11:16

江戸川花火大会のビデオ



・・・第一王子夫妻と待ち合わせて見る予定が、我々の出発は遅れるは、道路は首都高速が事故渋滞でさっぱり進まないはで、現地集合に切り替え、どうやら開始時間には間に合ったが合流できず、始めから最後まで見れたたものの、別々でした。

・・・ケイタイがあるからどうにでもなると思っていたのが河原でまるでつながらず、待ち合わせ目印の近辺で何度か大声で、”第一王子どの~”と叫んだが知らない人が振り向くばかり。
彼は朝5時半に起きて場所取りをしてくれたのにまことに残念。

・・・そしてママはおにぎりやら玉子焼きやら作っていったのに食べてもらえず残念。
でも、豪勢な花火を満喫し、しばし暑さを忘れることができました。
(ここまで読んだ人は、ひとことコメントを残してくれ。頼むよ・・・右下↓のCommentsをクリック!)
[PR]
# by ysato0462 | 2007-08-05 16:10

働くことと働かないこと

(音友:アンクルダダの日記に寄せて)
例え無報酬のボランティアでもわずかな時間でも、生きているあいだは「働きたい」と思っていました。沖縄では年令が理由で働かなくなる老人はいない、とTVで聞いて「これ、これ」と思っていました。そんな感じでも働きたいものだと。

ところが、自由きままに一生懸命やって、予期せぬこともあったりして60歳前からまったく働かなくなりもう4年ほどになりました。
1,2年はなんとかしたいとおもいましたが、今は「働きたい」とも別に思わないし、働くってどういう感じかすっかり忘れてしまいそうです。

先日、30年来の友人で今は400人ほどの会社の「社長」をしている男と、その関連のもう一人の社長とゴルフをし、
「佐藤君、もう働かないのかね」という話になりましたが私は
「毎日はヤダよ。それに9時-5時はだめだよ。せいぜい午前中だけとか。」適当に答えていました。
「そんなんでいいんですよ。気が向いたら電話ください」と、連れの社長に言われましたが電話していません。

私の友人は最初に就職した会社一筋に、いわゆるサラーマン生活をまっとうし今は関連会社の、資金繰りの心配をしなくていい社長の座に、私のほうはバブル絶頂期を含めいろいろバタバタやって同年代の人間にもなかなか経験できないいい思いもし、でも今はゴルフやるにも誰をさそったらいいか考えないといけない、友達も少なくなった「自由人」。

毎日働くってすごいことだと思いますね。通勤ということも含めものすごいエネルギーを使いますね。一生懸命働いたら家庭のことも含め「何もしたくない」のは当然だと思いますよ。朝晩、犬の散歩でそういう人たちの流れに出会いますが彼らの克己的な表情から気分が手に取るようにわかります。

働かないことにもどうやら「慣れてきて」日課も定まってきて、家や庭そして体のメンテナンス、子供たちや嫁さんたちとのいろいろ、プレ王関連のいろいろ、(そろそろ回ってきそうな「地域活動」の役)、たまの思索などなど、退屈もせず結構忙しく毎日過ごしています。
働いていたときの激しさや面白さをたまに思い出しながら。

            紹介作品名: ”東京” (t66さんとコラボ) ユーザー名: 軽気球

(返信の返信)By アンクルダダ 2007/07/30 22時50分

中央林間のゆきおさん、どうもです。

実にのびのび、豊かな時間を過ごされているようで、貴重な人生の時ですね。

働く、というのは時に過剰に意味合いを重ねてしまいがち、本来の人間という存在は、そうあくせくしなくても生きていけるのではないかとも思うのです。

四大文明が発祥したのはどれも大きな河口でした。淡水と海水が混ざるその地域は魚とともに肥沃な土地があり、成人が一日に必要なカロリーを獲得するのに3時間で済んだというのです。

それに引き替え内陸部にいた人類は、一日に必要とするカロリーを獲得するために10時間以上費やす必要があったとか。

つまり1日中食べ物のためにだけに時間を使っていたと。

3時間で必要な労働を済ませた大河の河口の人間達は、残った時間で歌を歌ったり思索に耽ったりしたことでしょう。そして現在に至る文化を育んだと言うことです。

自由な時間は、様々な暮らしの楽しみが生まれる肥えた土のようなものです。どんどん実りを生み出してください。


*そうだなあ、現代人は古代人のように「沖縄の老人」のように優雅には「働けない」。
働くなら、息もつかずに働く。優雅でいたければまったく働かない。(どちらかしかない)
-GF。
[PR]
# by ysato0462 | 2007-07-30 06:53
先日、携帯電話が家の裏の垣根に載せてあったのを拾った。
交番にもっていくのも面倒だし、落とし主に戻るかどうかわからない。第一家の近くの交番にはまず警察官はいない。

持ち主の電話番号はないかアドレス帳を見たが「自宅」とかは、ない。「パパ」というのがある。
待ち受け画面は私の知らないキャラクターがベタベタ。女高生?
「パパって本当のパパだろうか?」と妻と顔を見合わせる。掛けてみた。

「あのう、ケイタイを拾ったんですが・・・」
「やあ、ありがとうございます!・・・」
ほんとのパパだった。
ママが菓子折り持って取りに来た。お菓子は「葛餅」。川崎大師の「久寿餅」の原型か、やはり黒蜜と黄な粉で食べる。おいしい。

今日電話がきて
「あのう、ラブちゃんの鑑札を拾ったんですが・・・」
私の愛犬「らぶ」のことだ。ラブラドール犬で名前はらぶ(私は名前には凝らない)。首輪と別に保健所の鑑札と名前と電話番号入りの名札をひもで首に結んでたのがはずれたようだ。
「すいませーん、ありがとうございます」
「どうすればいいでしょうか」

持ち主がわかっても受け渡しがまた一仕事なのだ。拾い主はなるべく簡単な方法でと考える。ケイタイのときは自宅に来てもらわざるをえなかったが。
「近くの何かわかりやすい場所はありませんか?」
「じゃあ、xx公園の噴水の大きな木にくくりつけておきますから」
「ありがとうございまーす」

らぶには
「名札が落ちたよー、って大きな声で言わないとダメじゃないか」と言っといた。
こいつは首輪を抜いて逃げ出して、遠くの「保護センター」まで連れていかれ、あわや天国まで行きそうになったのだ!
(らぶの写真-プレ王還暦楽団)

拾って、拾われて・・・こんなことが立て続けにありましたのです。
[PR]
# by ysato0462 | 2007-07-23 07:25

今年も咲きました

c0115804_18443076.jpg

                    *胡蝶蘭*


(今月もまた咲きましたーサボテン)
c0115804_18452244.jpg

[PR]
# by ysato0462 | 2007-07-16 18:46
(プレ王日記より)

二年前の今日、プレ王にユーザ登録しました。
今は「ユーザ」と言っていますが当時は「プレーヤ」と言っていました。意気込みが感じられますね(みんな演奏家!)。
いやあ、まだ二年しかたっていないのかと思うほど楽しくて、今ではプレ王で過ごす時間は(一日1時間前後)私の重要な生活になっています。

<聴く・読む・書く>・・・ほんとに上手な、いい感じのユーザさんがたくさんいますね。ああ、忘れないうちに、ユーザのマナーの良さも気持ちいいですね。唯一の例外経験はいきなり「友達になってください」っていう若者が来て「いいですけど」みたいな返事してあるときその友達一覧を見たら何百人もいて、(入会2,3ヶ月で)早々に削除しました。友達作り競争でもしてたんでしょう。

私の一番古い音友さんが、入会のきっかけを作ってくれたひとです。入会前によく聴いていて「こういう風に歌う人がいるんだ」と入会したわけです。そしたらまだ何も発表してないのに「友達になりましょう」と言ってくれました。嬉しかったですね。
今では冗談や愚痴を言える音友も何人かできました。(ネットで冗談が通じるってすごいでしょう。陰口もききます、もちろん陰で)

<発表する>・・・ピアノ弾語りを8曲、「二人」デュエットが2曲、プロデュース作品を1曲発表(?)しました。コミュニティもひとつ作りました。
最初の曲は半年もかけました。調を変えたり譜面を変えたり。「こんなもの発表できないよ」となんどもやりなおし、練習も限界というところで思い切って発表しました。正直言って弾き損ね部分を何箇所かカットしてますが元気で結構いい線いってると思います(再生回数累計:629)
その後は一ヶ月くらいでupしその出来の悪さに早々に削除したりもありました。自然の流れのようにピアノ教室の発表会にも出たりしてしまいました。
次曲もそろそろ3ヶ月練習してますが、これからはせいぜいピアノが1ヶ月、歌を乗せてあと一ヶ月くらいで出来ないものかと思っているんですが・・・。
なにしろ好きで勝手にやってるもんですから。

これからもマイペースで楽しませて頂きますので音友のみなさん、ユーザの皆様よろしくお願いいたします。

私の一番古い音友さんの曲紹介: 『愛しかない時』 ユーザー名:♪長靴下♪
[PR]
# by ysato0462 | 2007-07-06 07:24